歯周病治療

歯周病とは

歯周病は歯の表面につく歯垢(プラーク:細菌の塊)によって起こる文字通り,「歯の周りの病気」です。

虫歯とともに歯をなくす大きな原因となっており、30歳~40歳代の80%以上が歯周病にかかっているといわれており、自覚なく静かに進行する恐い病気です。
細菌を原因に引き起こされた炎症によって、歯を支える骨が失われます。
建物に例えると、地盤がゆるんでくるような感じで、病状が進行すれば歯が抜け落ちてしまいます。

歯周病の症状 以下は歯周病によく見られる症状です。ひとつでも当てはまると要注意です。あなたの歯周病は知らない間に進んでいるかもしれません。
歯周病の症状

歯周病治療

普段のブラッシングでは除去できない歯石を徹底的に除去します。
歯がグラグラしている時はしっかりした歯と接着し固定したり、あまりに病状が進行した歯は周囲の歯にも悪影響を及ぼすことがある為、抜くことが必要な場合もあります。

歯並びが悪く、歯周病の改善が見込めないような場合や、歯周病によって歯が移動したような場合には矯正治療も必要になる場合があります。
当院では徹底的に歯石を除去するために歯周外科治療も積極的に行っています。また全身疾患をもっていて外科的な治療にはリスクが高い患者様や、外科的な治療が苦手な患者様には基本的な治療を行った後にレーザー治療と薬物治療を併用しておこなって成果を上げております。

再生治療

歯周病の場合、口内環境を清潔に保つ治療を続けることで治すこともできます。
ですが、重度の場合、通常はそれ以上の悪化を防ぐ現状維持か抜歯でしか対処できません。

少しでも再生できる可能性がある歯であれば、抜かずに再生させたい――。

そんな思いから当医院では、再生療法という最先端の治療を行っております。
歯周病によって失われた組織(歯ぐき、あごの骨など)を臨床上、蘇らせる事ができ詰め物ではなく自分の歯で食事をすることが可能になります。

インプラントのご案内

  1. インプラントって?
  2. 歯を抜けたままにしていると?
  3. このような方にオススメです
  4. 入れ歯やブリッジとの比較
  5. インプラントの寿命は?
  6. インプラント手術の流れ