セレック治療

セレックとは

セレック(CEREC)とはCEramic REConstruction(セラミック修復)のことを意味します。
世界で多くの患者さんと歯科医師に支持されている最新のCAD/CAMシステムで作られ、短時間の治療でセラミックの白く美しい歯に変える最新治療システムです。

医療先進国のドイツで作られた医療機器のセレックが、CAD/CAM技術により、オールセラミックの修復を短期の診療で可能にいたしました。CAD/CAMシステムのセレックによって、修復物を作るため歯型を取ることがありません。(病状によっては歯型が必要な場合もあります。)

最先端の3D光学カメラを使用して患部を撮影(スキャン)し、患部の歯列をモニター上に再現。
そして、コンピュータの3D画面上にて修復物を設計したデータをもとに作製いたします。
歯科医院で修復物を作製できるので、歯科技工所に依頼することなく一般的な修復物よりも経済的です。
また規格生産された高品質なセラミックブロックを使用するため耐久性が高く、治療時間も非常に短時間です。(約1時間)

セレック治療4つの特長

セレック治療4つの特長

セレック治療はこんな方にオススメ

治療の流れ

Step1

型取り

治療する歯を削った後、3D光学カメラで患部を撮影(スキャン)します。
印象剤(ガム状の型取り剤)を噛む必要はなく、3Dカメラによる撮影のみでモニターに歯列が再現され、型取りが完了します。

Step2

修復物の設計

コンピュータの3D画面上で、撮影したデータから修復物(単冠修復材)を最適にするための設計を行います。
モニター上で歯の形態や噛み合わせの調整を、あらゆる角度から行い理想的な形にしていきます。設計後は、多くの色のセラミックブロックから最適な色のものを選定します。

Step3

修復物の作成

ミリングユニットが設計データを基にセラミックブロックを自動加工します。
ミリングユニット(CAM)の切り出し機械に、セラミックブロックを設置すると、コンピュータの設計どおりに全自動でセラミックブロックを削り出し、修復物を精密に整えていきます。

Step4

口腔内に装着

口腔内へ装着し治療完了です。
先進的な接着技術を用いて、削り出されたセラミック歯を口腔内へセットし治療完了となります。
Step1からStep4までにかかる時間は、ほとんどの場合は1時間程度です。

セレックに関しての詳細はこちら

インプラントのご案内

  1. インプラントって?
  2. 歯を抜けたままにしていると?
  3. このような方にオススメです
  4. 入れ歯やブリッジとの比較
  5. インプラントの寿命は?
  6. インプラント手術の流れ