インプラントのご案内

インプラントの寿命は?

インプラントは約10年で90~95%が生存すると報告されています。
一般的なブリッジの生存率は約10年で50~70%という結果が出ていますから、ブリッジと比べるとかなり良い結果です。
これだけを比較すると インプラントの寿命が優れているということになります。
しかし、この平均生存率は人により違います。

歯周病、噛み合わせ、歯磨き、歯ぎしり、歯周病細菌、虫歯菌 等
さまざまな因子のよりインプラントの寿命は変わってきます。

ただし、統計的にインプラントは約10年で90~95%が生存すると分かっていますのでかなり信用できる治療法だということは間違ありません。
インプラントを正しく使い寿命を伸ばすためには、以下の様なケアが大切になってきます。

インプラントを長く使って頂く為に

適切な歯磨きをする習慣

インプラントを長持ちさせるためには、毎日適切な歯磨きをする習慣を身につけ、口腔内を常に清潔に保つことが大切です。

また、インプラントは天然歯と異なり、歯茎に細菌が感染したり、歯肉が炎症を起こしたりしてしまった後では、痛みを感じる神経がないため、手遅れになってしまうことがあります。
ですから、定期検診が非常に大切になってきますので、治療後もきちんと定期的に検診を受けていただくことを強くお勧めします。

インプラントのご案内

  1. インプラントって?
  2. 歯を抜けたままにしていると?
  3. このような方にオススメです
  4. 入れ歯やブリッジとの比較
  5. インプラントの寿命は?
  6. インプラント手術の流れ