インプラントのご案内

歯を抜けたままにしていると?

インプラント

歯が抜けてしまった後に、どのような治療法を選択するかも重要ですが、その前に歯を抜けたままにしておかないということがとても重要です。

そのままにしておくと、様々な問題が出てきます。

歯は指のように1本1本が動くことはありませんが、1本1本に役割があり、それぞれの機能を果たすことで全体が機能するようになっています。
ですから、1本無くなったままにしておくことで全体のバランスが崩れてくることになってしまうのです。

歯を抜いたままにしておくと、下記のような影響が出てきます。

インプラントのメリット

かみ合わせのバランスがくずれる
噛む力が偏ってしまいます。
あごの骨が痩せる
骨は適度な負荷がかかっていないと痩せてしまいます。あごの骨も同じで、歯の根から直接噛む刺激を与えられないと、その部分が痩せてしまうのです。あごの骨が痩せると、口元や頬の筋肉も痩せて、老けた印象になります
あごの変形
骨が痩せる現象が進行すると、あごの骨全体がゆがんできます。その結果、口元がひきつったように見えることもあります。
審美の喪失
口元に自信がなくなり人前に出るのが億劫になります。自信や積極性を失い、精神的充足感や満足感が得られなくなります。
歯が動く
失った歯の隣の歯が倒れこんできたり飛び出してきたり、いろいろな方向へ動いてしまいます。
また、残った歯に力が集中してしまうため、健康だった歯にもダメージを与えます。

インプラントのご案内

  1. インプラントって?
  2. 歯を抜けたままにしていると?
  3. このような方にオススメです
  4. 入れ歯やブリッジとの比較
  5. インプラントの寿命は?
  6. インプラント手術の流れ