インプラントのご案内

インプラントって?

インプラントって何?

インプラント

歯科治療におけるインプラント治療とは、虫歯や歯周病などで失ってしまった天然歯の代わりに、チタン製の人工歯根を骨に埋め込み、それを土台として人工の歯を装着し、かみ合わせを回復する治療法です。

「植え付ける」という意味を持つ、この「インプラント」治療は、歯科治療の領域においては、「人工歯根を顎の骨に埋め込む治療」、あるいは「人工歯根」そのものを指します。
歯科用語では「人工歯根」のことを「インプラント」と呼んでいます。

インプラントは機能的に入れ歯のような脱着する方式ではない為、限りなく自分の歯と同じような感覚で噛むことができ、見た目も天然歯のように見え、気になりません。

インプラントの構造

構造

インプラントは、失った歯の代わりに、歯肉の内部にあるアゴの骨に直接骨と結合する金属製のインプラント体(人工歯根)を埋め込み、その上に人工の歯冠(被せもの)取り付けてかみ合わせを回復する治療法です。

現在、人工歯根には、チタンを使用するのが主流です。チタンは生体との親和性が極めて高く、アレルギー反応を起こしにくいといわれています。

インプラントのメリット

インプラント治療は天然歯の状態の80%近くまで噛む力が回復するといわれています。
噛む力だけでいえば、総入れ歯の場合は健康な時の20%まで機能を回復できれば良いほうといわれています。
インプラント治療は歯だけでなく、失った歯根まで再生するわけですから、歯を失う前と同様に何でも噛めるようになります。

見た目が自分の歯とほとんど同じようにキレイに仕上がり、審美的にも優れています。そのため前歯部にも対応できます。
従来の治療法である入れ歯では金具がみえてしまったり、審美性という観点からは多くは期待できませんでしたが、インプラントにおいてはそのような問題を解決することが出来ます。

今までの治療法では、失った歯を補うためには、周囲の健康な歯を削ったり、負担をかける方法しかありませんでした。インプラント治療は、健康な歯の寿命を縮めることはありません。

インプラント治療は、人工歯根を完全に固定してしまう治療ですので、入れ歯があわず口の中が痛い、違和感があるということもありません。

当院で使用するインプラント

安全で高品質な材料を使うよう心がけています

現在多くのインプラント材料が出回っており、その品質は様々です。
安いインプラントは品質が悪い場合もあるので、どんなインプラントがご自分の体の中に入るのか、患者様自身に知ってほしい大切なことです。
当院ではインプラントトップメーカーのノーベル・バイオケア社のインプラントまたは3i社のインプラントを使用しています。
また、上部構造(補綴物)はdental BioVISION(デンタルバイオビジョン)という技工所の高品質な補綴物を使っています。

体の中に入るものですから安全で高品質な材料を使うよう心がけています。
各患者様に使用した材料は管理されていますので、ご自分にどんなインプラントが使われたかなどは常に開示できる体制を整えています。
どうぞお気軽におたずねください。

インプラントのご案内

  1. インプラントって?
  2. 歯を抜けたままにしていると?
  3. このような方にオススメです
  4. 入れ歯やブリッジとの比較
  5. インプラントの寿命は?
  6. インプラント手術の流れ