ブログ

子供に虫歯をつくらせないために

先日、私の息子が1歳の誕生日を迎えました。
産まれてきてくれてから、いや、その前の妊娠してから、初めてのことばかりで。
困った時は、本やネットで調べてばかりいました。
泣いてる理由が分からないし、なぜ寝てくれないのかよく検索してました。
1歳になり、意思表示をするようになり、はっきりと「嫌」を体で示してくれます。
嫌と言われるのが、こんなにありがたいと思ったことは、初めてです。
ただ、これからの悩みは、このイヤイヤでしょう。。。
息子には上4本、下3本の乳歯が萌出しています。
歯科衛生士をしてきたのに、息子に歯磨きを嫌がられます。笑

歯磨きイヤイヤ対策
1、仰向けの状態で遊ぶ→仕上げ磨きの姿勢を楽しく♪歌ったり♪
2、歯ブラシをガジガジ噛んで遊ぶ
3、いつも同じ時間に歯磨き、習慣をつける
4、痛くないように優しく、唇を指でよけて、できれば素早く

沐浴を嫌がる赤ちゃんでも、色々工夫して毎日お風呂に入れて身体を清潔に保とうとしますよね?

歯磨きも同じでお口を清潔に保つための習慣を作ってあげましょう。

それともう一つ!

faq_b0208

 

歯が生えた後、唾液中に含まれるカルシウムが歯に付きさらに硬くなります。だから生えて間もない時期の歯は、まだ十分に硬くなっていないためむし歯になりやすいのです。フッ化物は、歯を硬くする作用があり、乳歯・永久歯に関わらず生えた直後に塗るのが最も効果的です。まずは下の前歯が生えてきたころから、おうちでフッ素ジェルを歯磨きの時に塗布してみてください。ただし、フッ化物はむし歯予防の万能薬ではありません。塗ったからといって安心せず歯みがきの習慣やきちんとした食生活をすることが大切です。

フッ素については、使い方、量など、一度来院していただき、磨き方の指導とともに説明を受けることをおすすめします。

歯科衛生士 冨永

インプラントのご案内

  1. インプラントって?
  2. 歯を抜けたままにしていると?
  3. このような方にオススメです
  4. 入れ歯やブリッジとの比較
  5. インプラントの寿命は?
  6. インプラント手術の流れ