ブログ

ALARAの原則

こんにちは。副院長の落合友香です。

秋田さんもブログにかいているとおり、院内のレントゲンのデジタル化をいたしました。

ALARAの原則というのはAs Low As Reasonably Achievableの略で

「合理的に達成可能な限り被ばく量を低減する」という原則です。

健康上のリスクが変わらないのであれば低減する必要はないのですが

それでも念のために低減しておこうと考えるのがALARAの原則です。

ALARAの原則を当院でも実施していきます。

 

(写真:院内説明会の模様。椅子に座っての撮影となります。)

インプラントのご案内

  1. インプラントって?
  2. 歯を抜けたままにしていると?
  3. このような方にオススメです
  4. 入れ歯やブリッジとの比較
  5. インプラントの寿命は?
  6. インプラント手術の流れ